teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


言葉

 投稿者:ワシントン  投稿日:2007年10月15日(月)02時28分47秒
  「おもいやり」
色々なところに良い言葉は書いてあるし、また自分でも思いつく。
でも本当にそう思っているの。すべての言葉は陳腐に感じられる。
しっかりやろうよ。時にはまじめにやろうよ。
 
 

世の中には~

 投稿者:サントス  投稿日:2007年 1月27日(土)21時35分55秒
  「世の中にはいい人とか悪い人はいないんだよ。
本当にいい人や本当に悪い人はいるけどね。」

ある時、ある人から聞きました。

なんか忘れることができません。時々
ふと思い出して、非常に腑に落ちる言葉だと
感じています。
 

私の大好きな言葉

 投稿者:リィグド  投稿日:2006年 7月18日(火)19時39分26秒
  「努力して努力して、結果として残らなくても。その努力した日々をヒトは幸せと感じることが出来るんだ」  

もったいない

 投稿者:かっぽれ  投稿日:2006年 7月16日(日)20時32分14秒
  うつ病で悩んでいた時期がありましたが
本当に生きていて良かった。

お天気おじさんの倉嶋厚さんもうつ病だったんですね。

「天気と一緒で、人生は展開していくものです。
ときに予想もしない形に。
死んでしまってはもったいないですよね。」
 

好きな言葉

 投稿者:naoの星に祈りを☆  投稿日:2006年 6月11日(日)17時03分59秒
  すべての答えは自分の中にある

http://plaza.rakuten.co.jp/naoss77/

 

松下幸之助の「学ぶ心」という言葉

 投稿者:キューチャン  投稿日:2006年 6月 3日(土)09時37分52秒
  本を買った時、しおりに書いてあった言葉です。
全てから学ぶ
こんな素晴らしいことはないと思いました。
こんな気持ちで生きていきたいと思います。

『学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、
この人間の長い歴史、
どんな小さいことにでも、
どんなに古いことにでも、
宇宙の摂理、自然の理法がひそかに
脈づいているのである。
そしてまた、人間の尊い知恵と体験が
にじんでいるのである。
これらのすべてに学びたい。』
 

ポリシー

 投稿者:副長  投稿日:2005年11月 3日(木)22時11分19秒
  「世界で最高の調味料、それは空腹だ。」
自分の信条です。今の日本では食べることに困ることはまず無いでしょう。
だから「食べられて当たり前」という感覚が普通になっている。
好き嫌いができる幸福さを忘れ、物知り顔で料理の品評をする。
でも、それでいいんだろうか?食べられる嬉しさ、美味しく食べる為の努力、忘れてませんか?
 

テルモ 和地さんが

 投稿者:omizu  投稿日:2005年10月 7日(金)21時43分38秒
  『人生には無駄がない。』この言葉が好きだ。

 「70歳の人生を振り返ってみて、どうしてこんなことを
やらされるんだと思ったことの方がためになっている。
『ラッキーだな』と思って役に立たなかったことの方が
たくさんあります」

 「何事にもポジティブに立ち向かうべきですよ。そのときは
分からなくても後で分かります。だから、この言葉は
私の座右の銘なんです」
 

川端憲雄さんの言葉

 投稿者:  投稿日:2005年10月 7日(金)21時38分21秒
  「人生はポジティブでもアクティブでもなく

アグレッシブでなくちゃ!」
 

『 前へ ~北島 忠治 僕が明大ラグビー部に求めたもの~』 から

 投稿者:いさお  投稿日:2005年 9月27日(火)22時06分40秒
           ☆☆  団結して敵に当たれ  ☆☆

気持ちを一つにしろ。十五人の気持ちを一つにしろ。そうすればどんなに厚い壁
も必ず破ることができるはずだ。

ラグビーは個人技じゃない。たとえば吉田(義人)がどんなに遠くすばらしいプレ
ーヤーでも、ボールが回ってこなければ吉田は走ることができないんだ。

フォワードがポールをとって、ハーフ - スタンド・オフ - センターと回って、
やっと吉田に回ってくる。その間タックルされてもボールを殺さず生きたボール
が吉田に回ってくるのは、ビッグゲームではわずか三、四回くらいなものだろう。
ラグビーの選手がトライを決めても必要以上にはしゃいだり騒いだりしないのは
、それが十五人の力でとったものだと知っているからなんだ。

野球ならホームラン王、サッカーなら得点王があるけど、ラグビーにトライ王な
んていうのはない。つまり、十五人が己を殺してボールを生かし、たまたま最後
にボールを持ってゴールラインを突破した奴がトライしたというだけなんだ。

それが吉田であったり、竹ノ内であったり、小村であったりするだけであって、
十五人全員でとったトライであることに変わりはない。

一人では崩せない厚いデイフェンスも、二人、三人で当たれぱ必ず崩せる。団結
して敵に当たれ。

人間が一人でやれることには、悲しいが限界がある。しかし、一人、二人と協力
者ができるにつれ、その限界の範囲はどんどん広がり、もっともっと大きなこと
にチャレンジできるようになる。仕事も家庭も同じことが言えるんじゃないかな。
仕事仲間や家族と一致団結する。協力しあえることは人間の大切な能力の1つな
んだから。

僕はラグビーを通じて部員のひとりひとりの、そんな能力を引き出し伸ばしてや
りたいと思っている。

    いい言葉だなあ~~!!!
 

レンタル掲示板
/11