teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご挨拶

 投稿者:青野哲人  投稿日:2014年10月22日(水)00時28分24秒
  頂いた名刺の先頭にこの名前(「横浜黒船館」)がありましたので、ちょっとネット検索してみたものです。ご挨拶まで  
 

日米交流160周年 ペリー黒船音楽紀行

 投稿者:原 さとし  投稿日:2014年 3月19日(水)09時33分13秒
  この度、国際音楽文化地域交流協会主催 日米協会後援 行事
日米交流160周年 ペリー黒船音楽紀行 「アメリカポピュラー音楽伝来フェスティバル」を開催いたします。 告知を失礼致します。

国際音楽文化地域交流協会 主催
日米協会 後援
●● アメリカポピュラー音楽伝来フェスティバル●●

ー 今から160年の昔のこと。
横濱、箱館、下田、沖縄の海に 遥か遠くの国から軽快なポピュラーミュージックがやって来た。
それは『黒船』に乗って。
みなさんは黒船がやって来た歴史はご存知ですよね?

それは1854年3月27日のこと。
その大きな出来事は
ペリーの航海日誌や日米の絵師が残した絵画により、 世界中で知る事が出来ます。

ー楽団の描かれた1枚の錦絵。
ー「日米和親条約」 締結目前に開催された祝賀会の演目が記されたプログラム。
そこへ焦点を当て、黒船で響いたアメリカからの音楽を今、 この日本で奏でます。

完全なる編成と当時も鳴らしていたであろう楽器達で160年の時 を超えて。
皆さんも黒船音楽にノリませんか?


国際音楽文化地域交流協会 主催
日米協会 後援
日米交流160周年記念 ペリー黒船音楽紀行
●● アメリカポピュラー音楽伝来フェスティバル●●

日時:2014年3月27日(木)
場所:横浜市開港記念会館 (〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町1-6)
入場料(夜の部のみ):一般3000円 / 学生2000円 ※完全予約制

●当日の催し●
【昼の部(13:00~16:30):無料 】
<4、5号室>
・川崎・砂子の里資料館の黒船浮世絵展示
<3号室>
・浜松市楽器博物館提供:黒船来航当時の楽器、楽譜等展示
<1号室>
・土屋 候保氏【前大和市長】“幕末と音楽”講演
・巨匠 伊藤 有壱 監督の横浜港舞台の短編映画『ハーバーテイル』上映
・石川 修次氏 “バンジョーの響き…その誕生から現在まで”講演

【夜の部(受付17:30 / 開演19:00~終演21:00):有料】
<3号室>
・浜松市楽器博物館提供:黒船来航当時の楽器、楽譜等展示
<1号室>
・巨匠 伊藤 有壱 監督の横浜港舞台の短編映画『ハーバーテイル』上映
<1階 講堂>
 ・スピーチ
 ・黒船再現音楽コンサート
【出演者】
青木 研Dixieland Ensemble / 尾崎ブラザース / The Blueside
Of Lonesome
ジミー赤沢(フィドル)/ John John Festival / 武嶋 聡(フルート)/
Choji(ギター・ヴォーカル)/ 原さとし(バンジョー・ヴォーカル・ボーンズ)
丸山 朝光(トライアングル・ヴォーカル) / 東 理夫(ナビゲーター) ※順不同

【夜の部のご予約方法】
申し込みはE-Mail にて受付けます。

★受付 E-Mailアドレス★
info@rmac.jp

3月17日(月)お昼12時より受付開始。
(先着順のご入場となります。24時間受付可能。)

お申し込みの際は以下の内容をご明記の上 3/26 21時までにお申し込み下さい。
なお、 予定枚数を越えた場合はお申し込みをお断りする場合が御座います 。早めにお申し込み下さい。

1:お申し込み日
2:イベントを知ったきっかけ(又はご紹介者のお名前)
3:お名前
4:ご連絡先(連絡が取れる電話番号)
5:郵便番号・ご住所
6:E-Mail
7:人数
8:ご同伴者名

★開港記念会館へのアクセス
【電車でお越しの場合】
・JR京浜東北線・根岸線「関 内駅」南口から徒歩10分( 約700m)
・市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)
・みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分( 約50m)

【開港記念会館 ホームページ】http://www.city./ yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

【総合問い合わせ先】
一般社団法人 国際音楽文化地域交流協会 TEL 045-548-6712(原) / FAX 045-548-6713
投稿

https://www.facebook.com/events/1417373548515186/

 

初めまして。

 投稿者:原 さとしメール  投稿日:2009年 9月10日(木)08時51分26秒
編集済
  横浜在住のバンジョー奏者の原さとしと申します。
2004年に笠原潔さん著書の「黒船来航と音楽」を読んでから
黒船ミンストレルショーの再現コンサート等を企画しています。

神奈川県域のヒストリック・イベント かながわ風土記連載 大変興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。

今年の3/27(1854年日米交歓会と同日)にも横浜開港記念会館を全館でアメリカからバンジョーの大家トニー・トリシュカさんを招き、司会にピーターバラカンさん、ゲストにゴンチチのチチ松村さんにもご賛同いただき、当時のミンストレルミュージックを含むバンジョーのレクチャー・コンサート「日米和親バンジョー祭り」を企画しました。

国内最大のSNSサイトのMIXI内に「黒船ペリーのミンストレルショー」についての研究の為のコミュニティーを作りましたのでこの掲示板でご連絡させていただきます。
もし宜しければご覧下さい。

「黒船ペリーのミンストレルショー」MIXIコミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4531522

http://banjo-t.hp.infoseek.co.jp/

 

長崎開港は 1570年

 投稿者:森山芳弘メール  投稿日:2008年 5月 4日(日)20時00分19秒
  初めてメール差し上げます。 貴ホームページにおいて
長崎開港を1571年と記述されているところがありましたが、
正しくは 「長崎開港」 は 1570年 (元亀元年) です。
その根拠をメールしたいのですが、意見を述べるところを
クリックしても貴メルアドが出てまいりませんでしたので
このようにここに書き込んでおります。
よろしければメルアドを教えていただけないでしょうか。

草々

森山芳弘
 

軍艦のこと

 投稿者:福田征孜メール  投稿日:2003年 8月 8日(金)19時10分42秒
  佐藤さん掲示板第一号です。賞品を上げたい所ですが、このホームページに残ることで満足して下さい。私は,長崎造船所の資料館で、戦艦霧島の写真の前で缶炊きの話を良くしました。戦艦の名前は山の名前で、金剛、霧島、妙高、榛名です。今はいずれもイージス艦で、機関はガスタービン、4名で運転し、動き出したのが分からない位静かです。戦艦霧島は、初めての国産艦で長崎造船所で建造しました、そのモデルとなった金剛は英国ビカース造船所でした。日露海戦を戦った船は、日本もロシアもイギリスとドイツの造船によるものと聞いています。  

日本海海戦余話

 投稿者:佐藤 和男メール  投稿日:2003年 8月 5日(火)15時24分45秒
   バルチック艦隊撃滅の鍵が良質の石炭にあったとは知りませんでした。それに、缶焚きが乗組員の半分を要したのも初耳で、興味深く読ませてもらいました。
 以前に司馬遼太郎が「日本海海戦で戦った日露の戦艦は、共にフィラデルフィアの造船所で造られたものであることを現地に手がかりを求めて探し歩いたが分からなかった」という話しを思い出し、デラウエア河の辺りにでかけたところ、捨てられた工場群はスラム化し、昼間でも身の危険を感じて早々に退散しましたが、造船所の名前や造られたその後の船歴などが分かるとおもしろいですね。
                                    以上
 

レンタル掲示板
/1