teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:95/7209 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

>unodosさん

 投稿者:satu  投稿日:2019年11月 6日(水)22時52分11秒
  通報 編集済
  参加されること楽しみにしてます。
自称カントリー評論家が縛りについてアドバイスします。
(あくまでも持論なので最終判断は主催者にお願いします。)

Van MorrisonのPay the Devilはビルボードカントリーアルバムチャートで7位
を記録してます。
紛れもなくカントリーミュージックと言えると思います。

超有名なAlways on My MindはWillie NelsonやElvisのリリースはカントリー、
でもPet Shop Boysの楽曲はカントリーではありませんよね。
カントリーの曲だからといって油断してはいけません。

スティールギターはラップスチールギターとペダルスチールギターがあり
ラップスチールギターは主にハワイアンに使われてますが
ほとんどのカントリーミュージックにはペダルスチールギターが使われています。
細かいことは割愛しますが楽器としては別物だと思ってください。
一部のロックにペダルスチールギターが使われたこともありました。

バンジョーはもともとアフリカ原産の楽器、
デキシーランドやフォークにも使われており
カントリーミュージックだけではないです。

カントリーミュージックの楽器構成は
ドラム、ベース、ギター、ペダルスチール、フィドル
、ドブロ、フラットマンドリンが基本、ピアノも使いますね。
そこにカントリーらしい歌い方(カントリーヨーデルとか)、
コーラスが入ってくるのですが・・・・・・
抽象的でわかりにくいです。

間違いがないのはその曲(又はアルバム)が
カントリーチャートに入ったかどうかだと思います。
ペダルスチールやバンジョーの入ってない楽曲もたくさんあります。

カントリーチャートにないのは自己判断というところでしょうか・・・
 
 
》記事一覧表示

新着順:95/7209 《前のページ | 次のページ》
/7209